国保だけじゃなくて住民税も減るって本当ですか?
(岡山市 H・I様)

岡山市 H・I さんのケースです。
個人事業で、飲食店を経営されています。

商売のほうはなかなか売上が伸びず、厳しい状態でした。
なので、国民健康保険料の支払がとてもキツイ、とおっしゃっていました。

で、結果は…

①実施前
国民健康保険は、36万円。国民年金保険料は夫婦合わせて、約34万円。
あわせて、年間70万円の負担でした。

②実施後
健康保険・年金あわせて、年間40万円になりました。
  
+ご両親の国民健康保険(年間15万円)もゼロに。
+所得税・住民税が9万円ダウン

節税効果は、年間54万円でした。

更にH・I さん、浮いたお金をそのまま小規模企業共済の掛け金に使いました。
小規模共済の掛け金は、全額が所得から控除されます。
よって、更に8万円税金が減りました。

全部ひっくるめて、年間62万円の節税です。

お金があれば、小規模共済や国民年金基金を使い、更なる節税が可能です。

国保の減額ノウハウはこちら